管理会社を選ぶ

物件を購入する場合、間取りや立地条件が誰もが気になるポイント。
それよりも管理会社を選ぶことが重要と言われています。
住んでから、いろいろなトラブルに巻き込まれないことが大切。
分譲の場合は、会社ではなく住民による管理組合が一般的です。
ただ、補修や保険関係の面倒な業務があります。
管理会社に委託するケースも少なくありません。
つまり、これらの管理がどうなっているか?
事前に確認してから物件の購入を決めるべきでしょう。

多くの人が一つの建物に住むのですから、必ずトラブルが発生します。
そのトラブルをうまく解決することが管理すると言うことになります。
管理会社は大手会社から、地元限定の中小会社まで様々です。
注意しなければならないのは、会社の作業の範囲です。
契約でどこまでを委託するのか?明確にしておかなければなりません。

隣の音がうるさいと会社に苦情を言うのは間違っていません。
ただ、隣同士でうまく付き合っていくのも重要ではないでしょうか?

隣は何をしているか?全く知らない。
こんな都会的な生活を一生送ることは、現実的ではないでしょう。
また、小さな子供がいれば、どうしても夜中に音を出したりします。
それだけでトラブルに発展するかもしれません。
こうなると、快適な生活とはいえません。
自分が快適に過ごすためには、周りの環境に対して寛容になること。
おおらかな気持ちを持つことが居心地のいい空間を作るのです。
いずれにしても管理会社がどのような働きをしているかチェックしてください。
分譲を購入すると、一生をそこで暮らすことを意味します。
高齢になっても住みやすいようにしたいものです。



管理会社の役割

管理会社の役割を考えてみましょう。
分譲でも賃貸でも、管理会社が管理するのが一般的です。
分譲であれば、管理組合と契約しています。
具体的なのは、会社の役割です。
あなたは物件を選ぶときに、物件の内容ばかりを見ていませんか?
しかし、快適な生活を送るためには管理が重要です。

つまり、会社をチェックすることが必要なのです。

管理会社がなくても組合がしっかりしていれば、それでも十分です。
分譲では、管理組合への加盟が強制となっているケースもあります。
みんなで協力して快適な生活にするために必要なのです。
これは法律によって明確に定められています。
一番の役割は共用部分の保守やメンテナンスです。
エレベーターや階段、駐車場などの整理は分かりやすいでしょう。
火災保険や費用の徴収も担っています。

ただ、すべての住人がその役割を理解しているわけではありません。
こういったことから、トラブルが発生するのです。

管理組合の運営や組合費は、トラブルのもとになるケースが多いようです。
決められたことを守らない人が少なくないのです。
違法駐車や夜中に近所迷惑になる行為は後を絶ちません。
水道設備や照明設備なども同様です。
管理会社の場合は、管理が仕事です。
とうぜん会社として、迅速な対応が求められます。
しかし、必要以上に会社に苦情を言うのは避けましょう。
同じ人間ですから、不愉快になってしまうのです。
世の中には、トラブルでもないのにトラブルにしたがる人がいるのです。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|