資産運用型の運用メリットとは?

いま現在90%以上の人が年金に不安を感じています。
いよいよ自己責任で自分の老後を守る時代に突入しました。
資産運用型の運用とは、物件を購入してそれを第三者に賃貸することです。
これにより家賃収入を得ていく投資方法のことを言います。
ほとんどの人がローンを活用して資産運用型の投資を始められます。
ローンの返済は、家賃収入だけでほぼ補えることができる投資のメリットがあります。
最初は、少額の資金の投資で簡単に始める事が出来ます。


さらに多くのメリット

投資資金を有効活用して、私的年金、生命保険、金融商品、税務対策等を受けることができます。
自分と家族の将来を豊かに過ごすための効率的な投資形成・資産運用の手段です。
いま多くの人たちから、マンション経営が注目されてきています。
物件の運用や投資を始められる方が非常に増えているんです。


なぜ、安定的な資産形成になるのか?

ローリスクで長期投資・安定的な資産形成を築くことができるメリットがあるといわれています。
長引く低金利水準の時代にあって、国内の金融商品で資産形成・投資運用することは極めて困難です。
外貨預金や外債での資産形成・投資運用も考えられますがリスクがあります。
為替の変動・投資先の国内事情を考慮しますと、躊躇してしまいます。
確かに投資の金利は良いのですが、 その分高いリスクも伴うことになります。
その点、物件の投資は、ローリスクで長期にわたり資産の形成と運用をはかることが出来るメリットがあるのです。


他の金融商品に比べ税制面での優遇を受けられるメリット

物件の投資は、安心・安全・確実な資産形成・投資運用のメリットとして注目されています。
「ゆとりある老後」を設計するために、お金がいくらいるか知っていますか?
普通の老後をおくるのにも約6,000万円~1億円かかるといわれています。
資産運用型の物件の投資は、投機的要素の強い金融商品とは違います。
低いリスクで長期的に安定した収入をもたらすことができるメリットがあります。
長期に渡って安定した収入を得るメリットは、安心できる老後を迎えるのに必要です。
公的年金制度の将来に不安が強い時代、「ゆとりある老後」を設計するための必須条件です。


将来の日本経済がインフレになっても安心

インフレ見舞われた場合、現金・預金などの金融資産は目減りします。
ひょっとしたら、現金の価値が大幅に下がる可能性もあります。
しかし、物件の投資ならインフレ時代においても家賃は大幅に下落することはありません。
その時代の価値に合わせた収入を得るメリットがあるのです。


物件の運用がもたらす6つのメリット

☆「安定した入居率」というメリット
東京23区や横浜など首都圏のワンルーム物件の投資がおススメです。
新卒の社会人や転勤者、大学入学など地方から上京する人たちによって、空室がほとんど生じません。
安定した入居率が、投資における高利回りを生むメリットなのです。

☆「高い利回り」というメリット
東京23区を含む首都圏の物件戸数は増加しています。
比較的高い家賃が設定できる首都圏の物件に投資すれば安心です。
他の金融商品に比べても高い投資利回りとなる、4~5%台が期待できます。

☆「私的な年金」というメリット
物件購入時のローン返済に毎月の家賃収入を充当されることになります。
完済後の家賃収入は、オーナーの私的な年金になります。
年金制度への不安が高まっている中、老後に向けた備えになります。。

☆「安心な保険」というメリット
物件のローン契約には、団体信用生命保険への加入がその前提となります。
オーナーに万一のことがあっても、保険金が下りてその後のローン返済は不要となります。
毎月の家賃収入は、そのまま家族が受け取れるというメリットがあります。

☆「相続税の対策」というメリット
100%評価の現金や証券などの金融資産とは違います。
所有物件の場合、評価額は約60%に評価が減額されることで、相続税も少なくなります。

☆「おまかせ管理」というメリット
賃貸募集や家賃送金、物件管理などの面倒な業務は、代行させることができます。
オーナーに家賃保証を行うサブリース契約を準備している会社もあります。




スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|