不動産投資をして私的年金

不動産投資をするメリット!
私的年金にもなる本当の意味を書いていきます

不動産投資のメリットと言えば・・・
・私的年金
・不労所得
・月々の家賃収入
・節税対策
これらのメリットがあるのです

将来的な老後の不安と言えば・・・
やっぱり、将来受け取るであろう私的な年金の問題ですよね?
私的年金対策について語ります

夫婦で貰える私的年金って、どれくらいなのか?
確認していますか?


およそ金額にして23万円と言われています
この私的年金を多いと思うか少ないと思うか?
住んでいる環境もあるでしょう
田舎と都会と比べても生活するための必要な金額が違います
結果として個人差があるということです

私的年金が貰える時期も、少しずつ延長してきています
今後68歳から70歳になんて話も聞こえてきます
こうなると、老後の生活が苦しくなる人も多いでしょう

正直この私的年金では、生活をするので精一杯!
もしくは足りない私的年金額だと思いませんか?


老後ともなると、孫にいろいろ買ってあげたり
あちこちと旅行に出かけたくなるものです
優しいおじいちゃん、おばあちゃんになりたいじゃないですか
ココを目指して不動産経営する方、多いんです
自分達のための私的年金が欲しいということなんですね

私的年金の将来設計は非常に大事です!

20代、30代から不動産を持つ事で将来も安心できる
定年退職の60歳までにローンを返済しておくことができる
仕事をしなくても毎月家賃収入が入ってくる
こうなると安心できる私的年金の出来上がりですね

家賃収入=ゆとりのある私的年金生活
この方程式が成り立ちますよね?

不動産投資する人しない人では、将来の私的年金が変わります
金額にして数千万の私的年金の違いが発生する

もちろん、やるかやらないかはあなた次第!
金銭的にも精神的にも《ゆとり》が欲しいですね
充実の私的年金で安心できる生活をおくりましょう

私的にする不動産投資

不動産投資とはその名の通り不動産を利用して利益を得る投資法です
最近は賃貸物件への投資を考える人が多くなっています
ただし、不動産を自分で建てて、私的に管理していくのではありません

不動産投資用物件を専門的に取り扱っている企業を利用します
なかには建設費用を集めて賃貸管理もしてくれるところもあります

不動産投資をする人は、私的に資金を提供するだけです
不動産投資信託として、信託会社が販売しているケースもあります
このような投資が増えてきた背景には理由があります

ある程度の私的な余剰資金は持っている
けれども、為替や株などリスクの高い商品に手を出すのに抵抗がある

こんな人をターゲットとした会社が増えているのです

不動産であれば土地と建物が残ります
ミドルリスクミドルリターンの投資法といえる
もちろん、東日本大震災などの大きな災害が発生したとき
所有する不動産の価値も大きく下がってしまいます
物件選びが私的年金のためにも重要になるということですね

為替や株と比べると、安定した投資と考えてもいいでしょう
最近の物件は、高層化が強くなっています
土地代よりも建物の価値が重要になります

市場で求められている物件は、建設会社が十分リサーチをしています
不動産投資のために私的にローンを組むケースも少なくありません
月々の支払いをしていけば、最終的には利益が出る計算です

不動産投資や経営で注意しなければならないこと
すぐに利益が出るわけではないことです

10年、20年満期の率の高い私的年金と考えるべきでしょう

スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »