不動産投資について

不動産投資とは、その名の通り不動産を利用して利益を得る投資法です。
最近は、賃貸物件への不動産投資が多く伸びてきています。
ただし、不動産である物件を自分で建てて、管理していくのではありません。
不動産投資用の物件を専門的に取り扱っている企業があります。
物件の建設費用を含めて、賃貸管理もしてくれます。


不動産投資とは、利益を得る目的で資金を投下すること

具体的には、購入した物件を人に貸すことで得られる賃料収入という利益(インカムゲイン)
物件を購入した金額以上の金額で売却することで得られる利益(キャピタルゲイン)
この2つの利益に期待するのが不動産投資です。
バブル期に流行したのは、売却利益(キャピタルゲイン)です。
短期的な利益の確保が主流でした。
最近の主流は、毎月安定して入ってくる賃料収入(インカムゲイン)です。
賃料に期待し、長期的な視点から行なわれる利益確保です。


不動産投資をする人は資金を提供するだけ

不動産投資信託として、信託会社が販売しているケースもあります。
このような人が増えてきた背景には、相続税対策や余裕資金の運用を考える人がいるからです。
ある程度の余剰資金はあるけれども、為替や株など変動リスクの高い商品にはためらってしまう。
このような人をターゲットとした、不動産会社が増えてきたためです。
不動産であれば、何があっても土地と建物が残ります。
危険度としては、ミドルリスクミドルリターンの投資法と言えます。


大きな地震や自然災害にはリスクが発生

東日本大震災などの大きな災害が発生したら、不動産の価値も大きく下がってしまいます。
ただ、その発生する確率は、かなり低いと考えられます。
価格の変動も少ない、安定した投資と考えてもいいのです。
最近の物件は、ますます高層化が強くなっています。
こうなると、土地代よりも建物の価値が重要になります。
つまりは、耐震性のある安心できる物件が求められるということです。


どのような物件が市場で求められているか?

物件についての情報は、建設会社や不動産会社が十分リサーチをしています。
不動産投資のためには、投資金額によりローンを組むケースも少なくありません。
月々の支払いをしていけば、最終的には利益が出る計算をしていきます。
不動産投資をする上で注意しなければならないことがあります。
それは、すぐに利益が出るわけではないことです。

10年、20年の長期を考えた、利率の高い貯金と考えるべきでしょう。


これからの不動産経営とは?

不動産の経営と投資は、時代とともに変化してきています。
不動産を利用した相続税対策や所得税による節税が注目された運用もあります。
節税よりも、年金が当てにならないから安定収入の確保を目指す動きもあります。
それは、日本国内での少子化、高齢化の影響が大きいです。
現在では、30~40歳代の人が老後に受給できる年金をあてにできない不安もあるでしょう。
公的な資金に頼らず、自分で安定収入を確保する。
将来設計としては、間違いない運用方法だとおもいます。

収益性を考えて、安定資金を確保することは一つの方法です。
月日が経過して建物が古くなっても、土地があります。
建て替えや更地にしての駐車場、売却など出口戦略もあります。

スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »